眼精疲労を防ぐには目の休息を

近くのモノに長時間ピントを合わせていたり、パソコンやスマホの画面を見続けていると目が疲れてきます。
目のレンズの役目をする水晶体を調節する毛様体筋が緊張を続けることで目の周辺筋肉が疲れてしまうからです。

適度に休息をとり、目を休めることが大事なのです。 しかし、パソコンと向き合うことが仕事の場合はなかなか目を休めることも難しいかもしれません。

目の疲れが溜まっていくと、頭痛や吐き気を伴う眼精疲労へと進展していきます。
そうならないために、目の休息の他にも市販の目薬や内服薬で眼精疲労の予防をすることも大切です。
眼精疲労に効果のある市販薬はこちら>>
眼精疲労に効果のある目薬はこちら>>

しかし、眼精疲労がひどくなり、目の奥の痛みや頭痛が治らないような症状になったら、眼科で治療されることをおすすめします。
眼精疲労を放置しておくと、目だけでなく体の調子までもが悪くなります。
眼精疲労が原因で退職されたり、長期休暇となった例もあるくらいです。

「ちょっと目が疲れただけ。」 と軽く考えずに、眼精疲労がヒドくなる前に眼科で治療するようにして下さい。

あなたに合った治療方法で眼精疲労の回復を!

近年では眼精疲労の専門医がいるクリニックも増えてきています。
それだけ眼精疲労に悩む方が増えてきている現状が表れているということです。

眼精疲労の症状には、調節性・筋性・症候性・神経性・不等像性などがあり、人によりその症状が違います。
眼科や専門クリニックでは視力検査、視野検査、眼底検査、眼圧検査、調節検査などをおこない眼精疲労の症状を診断した上で治療方法が決まります。

メガネやコンタクトの度が合っていない場合でも眼精疲労は起こるため、その場合は眼科での治療ではなくメガネ・コンタクトのレンズ矯正が第一になります。

その他、眼科における眼精疲労の治療方法としては、点眼液の処方が一般的です。

点眼液の成分の一部を紹介すると・・・

●よく治療に使用される点眼成分①

シアノコバラミンが配合された点眼薬・・・ビタミンB12の一種。体内で酵素の働きを補助して、目の酸素の消費量をアップさせる効果があります。特にかすみ目に処方されることが多いようです。

●よく治療に使用される点眼成分②

ネオスチグミン配合が配合された点眼薬・・・ピント調整機能である毛様体筋に働きけかる効果があり、市販の目薬にもよく配合されています。

●よく治療に使用される点眼成分③

トロピカミド配合が配合された点眼薬・・・緊張した毛様体筋を弛緩させる効果があります。毛様体筋の極度な緊張状態の時に処方されます。

シアノコバラミン、ネオスチグミン、トロピカミド等の成分は眼精疲労の症状によって効果が違います。

眼科では、あなたの症状に合わせた成分を配合した目薬を処方されるので、より効果的な治療を受けることができます。

自宅でも可能?低周波治療器による治療方法

低周波治療器とは、電気を通して筋肉に刺激を加えることで血行の促進させる治療方法です。
低周波治療器は眼精疲労にも使われている治療方法で、専門のクリニックや眼科でも導入されているところもあります。

低周波治療器でおこなう眼精疲労の治療は、こめかみ付近に低周波で刺激を加えて目のまわりの筋肉を温めていくものです。

低周波は眼球の内側や神経細胞までも温めることが可能で、それにより目の周辺の血流がよくなり眼精疲労の改善につながります。

ヒドイ目疲れで硬く固まっている目の周りの筋肉を低周波の力でほぐして血行を良くして目の機能を回復させるという方法です。

目を温めるという意味では、ホットタオルを目において温めたりする温罨法(おんあんほう)がありますが、この方法は目の外部を温めるだけで、周辺の筋肉内まで温めることが不可能です。

低周波治療器は大手医療メーカーから一般発売されて通販でも購入できます。
汎用機は主には肩や首のコリを改善させるのが目的になりますが、とてもコンパクトなので自宅で手軽に利用できます。

眼科で治療を受ける時間がなくて、少しでも症状の改善を求めたい方は購入を検討されてもいいでしょう。
低周波治療器「ドクターパッド」

ヒドくなる前に眼科で治療しましょう!

全国的に眼精疲労のため、治療を必要としている患者は増えています。
そして、それに対応できる眼科や専門クリニックや眼精疲労外来も増えてきています。
眼精疲労は目だけでなく、体調まで悪くしてしまいます。

現代のオフィスワークではパソコンと向かい合うことが常識となっています。
つまり眼精疲労の要因と付き合って仕事をしている訳です。

目が疲れたら、まずは目の休息をとるのが基本ですが、他にも市販の目薬や内服薬でしっかりと対策をとって下さい。
それでもヒドイ目疲れを感じたり、眼精疲労の症状が現れたら眼科で治療するようにしましょう。
仕事柄、目を酷使している方はご自身専門の行きつけクリニックを見つけておくのもいいでしょう。

東京、大阪、名古屋、福岡、札幌での有名クリニックについては下記に紹介いたします。

有名な眼精疲労クリニック

頭痛や吐き気をともなうヒドイ眼精疲労は病院で治療を受けた方が早い回復が望めます。
東京、大阪、名古屋、福岡、札幌などの都市では、眼精疲労の専門治療が可能な病院も増えてきています。

主な眼精疲労に治療が受けられるクリニックを紹介します。



東京

みどり眼科クリニック

日本橋直結、東京駅八重洲北口のアクセスのいい眼科クリニック。
ドライアイ専門外来もあります。

〒103-0027
東京都中央区日本橋2-1-10 柳屋ビルB2F
TEL 03-3517-1133
診療時間 10:00〜13:00 15:00〜18:30
休診日 土曜・日曜・祝日
東京メトロ銀座線/東西線、都営浅草線
「日本橋駅」B5・A6出口直結
JR東京駅 八重洲北口・丸の内から徒歩5分
地下鉄「大手町」B10出口から徒歩3分




大阪

竹安眼科医院
阿倍野区、東住吉区、住之江区からもアクセスしやすい住吉東駅徒歩すぐ

〒558-0045
大阪府大阪市住吉区住吉1-10-24
TEL 03-3517-1133

診療時間 9:00〜12:00 16:00〜19:00
休診日 水曜日・土曜・日曜・祝日

南海高野線 住吉東駅 西改札口より徒歩3分
改札を出ると電柱に案内看板有り

阪堺線 神ノ木駅 改札より徒歩5分
改札を出て南海電車沿いに歩くと電柱に案内看板有り




名古屋

名古屋アイクリニック
眼精疲労外来、サウンドヒーリングを取り入れたマッサージ有り
金山総合駅東口正面

〒456-0003
愛知県名古屋市熱田区波寄町25-1 名鉄金山第一ビル3F
TEL:052-872-0490 フリーダイヤル 0120-758-049

診療時間 9:00〜12:00 14:00〜18:00
8:30〜16:00(土曜日)
休診日  日曜日・祝日・木曜日


JR、名鉄、地下鉄、金山総合駅東口正面


福岡

アイ・トリートメント福岡
低周波により治療も可能

〒812-0011
福岡県福岡市博多区博多駅前3-15-24 博多駅前六番館7F

TEL 092-477-7200
診療時間 11:00~21:00 フリーダイヤル 0120-73-7345
休診日 不定休

博多駅より徒歩10分




札幌

本田眼科
札幌市中央区、眼精疲労外来有り

札幌市中央区北3西2本田ビル5F(東向き)

TEL 011-231-2278
診療時間
月・水・木・金 9:00〜18:00
火 9:00〜12:00
土 9:00〜13:00
昼休み 13:00〜14:00
休診日 日曜日・祝日

JR札幌駅徒歩4分、地下鉄さっぽろ駅22番出口正面


※紹介したクリニックを受診することで、必ずしも眼精疲労が回復するとは限りません。 受診されるときはご自身で十分検討されてから受診するようにして下さい。

早めの治療で健康な目をキープ!

「眼精疲労かな?」と思ったら目薬などの対策も必要ですが、その症状によっては上記のようなクリニックで治療を受けることが回復への近道です。

専門の眼科医で治療することで、あなたの症状に合わせた適正な薬の処方されることはもちろん、他にも専門医による目疲れ対策のアドバイスを受けることもできます。
そのアドバイスにより、日常生活の目疲れから目を守る習慣を身につけることも可能になるでしょう。

眼科での治療は眼精疲労の回復はもちろん、予防方法のスキルまで体得できてしまいます。
手軽に目の健康状態をキープしたい場合は、サプリを使って目に栄養を補給することも有効です。
眼精疲労に効果のあるサプリはこちら>>

早めの治療と対策でスッキリと健康な目をキープしましょう。
最近では病院ナビなどの医療機関の検索サービスもあるので、近くの専門医を探すことも可能になりました。

近くにある眼精疲労の専門医を探したい時は是非利用したいサービスです。
近所のクリニックの評判や眼精疲労外来の有無、使用されている設備などをチェックしておくと安心ですね。