パソコンに向かう時間が長くて目がツラかった

3年くらい前から目に疲れ、いわゆる眼精疲労というものを感じるようになりました。
奥の方が、どーんと重くて疲れの「塊」がずーーっとある感じ。

自分の仕事は企画提案の書類作りが多いのですが、当時昇進したことで部下や顧客の管理でパソコンに向かう時間が長くなったので、目を酷使していることが原因だろうと思っていました。

もともと視力が悪くてコンタクトレンズを着用していたので、ドライアイの傾向もあったのかもしれません。
だましだまし毎日を送って来ましたが、徐々に目の疲れだけでなく頭痛や首や肩がヒドく凝ったりする症状も出るようになりました。

夜の車の運転もツラくて、対向車のヘッドライトが眩しくて仕方がありませんでした。
あまりにものツラさに耐えられず、眼科で診察してもらったところ、眼精疲労と診断されました。
眼科医からは目を休めるように言われましたが、それは「仕事を辞めなさい」ということと同義語です。

しかし、
「このままだと本当に仕事を辞めるしかない状態になるかも!」
と恐怖感を感じました。

「目を酷使しながらでも、何とか眼精疲労を回復させる方法はないのか?」
心配してくれる妻にも協力してもらいネットでいろいろと調べてみることにしました。

そもそも何故「眼精疲労」になるのか

まずはなぜ眼精疲労になるのかを調べてみました。

眼精疲労とは、視作業を継続することで眼痛、目のかすみ、まぶしさ、充血などの症状や、頭痛、肩こり、吐き気なども全身の症状が現れて休息や睡眠をとっても十分に回復しない状態のことをいいます。

また原因は大きく3つに分けらます。

度の合っていないメガネを使用したり、老眼の初期に手元の作業を無理に行ったりする場合が多い。

パソコンやスマホの長時間の使用
パソコンやスマホの画面から発生するブルーライトは目に有害で眼精疲労の大きな要因になります。

全身疾患・心因性に伴うもの、環境による要因など

私の場合はコンタクトの度数が合っていないのかもしれません。
パソコンに向かう時間も長く大量のブルーライトを浴びていたのでしょう。
よせばいいのに最近はスマホでゲームもやっていました。

これで原因ははっきりとしました。
とりあえずスマホのゲームは自ら禁止にしました。
パソコンの画面に向かうことは仕事なので仕方がありません。辞めるわけにはいきませんから。

では仕事を続けながら効果的に眼精疲労を回復させる方法はないのか?
妻と一緒に更に詳しく調べてみました。

栄養ドリンクや目薬で眼精疲労が回復できるか?

眼精疲労を回復させる方法はいろいろと存在していました。

目の周りを温めたり冷やしたりする。
目の体操をする。
目の周りのマッサージやツボを押す。
などがありました。

それぞれ試したみましたが、忙しい仕事中に取り入れことは難しく継続ができませんでした。

バランスの良い食べ物が大事とも聞き、「目のビタミン」と呼ばれるビタミンAや「疲労回復ビタミン」と呼ばれるビタミンB1を始めとするビタミンB群、ビタミンC、などが含まれる食事を摂り入れることを試みました。

しかし、夜は帰りが遅くて外食が多いし、そもそも偏食気味の僕には、眼精疲労の回復に良い栄養素が含まれる食事は無理でした。

市販の目薬やビタミンB12等が配合されている薬も試してみましたが回復を実感することはありませんでした。
眼精疲労の回復に役立つビタミン類が多く含まれる栄養ドリンクは少し値段が高くて継続するのは経済的に問題がありました。

もう「僕のように仕事が忙しくて偏食のある人間には、眼精疲労の回復は無理なのか!?」と投げ出しそうになっていました。

そんな時に妻があるサプリメントを見つけてくれました。

眼精疲労の回復に必須な成分とは?

眼精疲労の回復に役立つ栄養成分は、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCくらいは既に知っていました。

しかしそれ以外にも、ルテイン、アスタキサンチン、アントシアニンという成分があります。

要は、これらの成分がバランス良く配合されているサプリメントがあれば眼精疲労の回復には希望が持てるということです。

いろいろ探してみた中で妻と私が注目したのが「めなり」というサプリメントでした。

ブルーライトの影響から守るルテインが豊富に含まれていて、アントシアニンやアスタキサンチン、そして相乗効果があるビタミン群もバランス良く配合されているサプリだったからです。

僕と同じパソコン仕事が多くて同じ悩みを持つ人からの評価も高いことも勇気が持てました。

「よし、これを飲んでみよう!」
と思いましたが少しためらいました。
どれだけ評判の良いサプリだとしても、その効果は実際に自分で服用してみない限りわかりません。

当然その効果には個人差も予想されます。
自分には効果がないサプリかもしれないのです。

「やっぱりやめようか・・・。」
と思っていたら妻から一言、
「とにかく多くの人が使ってみて効果があった言っているんだから、あなたも一度使ってみたら!」
「回復しなければやめればいいだけ!」

そうです。「めなり」を使って多くの人がその効果を感じているんだから自分も使ってみよう!
妻の言う通り、回復しなければやめればいいのです。
そう思い、思い切って使ってみることにしました。
リピーターの方が多いことと、金額の安さも僕の背中を後押ししました。

飲みはじめて2、3日で変化が!

届いた「めなり」を早速飲んでみました。
正直に言って、効果が現れるにはしばらく時間はかかると思っていました。

しかし、めなりは違いました。
飲み始めて2、3日くらいで残業中でも目の疲れをあまり感じなくなりました。

朝起きても、今までは目の奥に軽い痛みのような疲労感を感じていましたが、それがスッキリと気持ち良く目覚めるようになりました。

そして日に日にすっきり感じるようになり、視力が回復したかのようにはっきりと見えるようになりました。

今は、とにかく視界がとても明るくてクリアです。
奥に溜まっていた「塊」のような疲れもありません。

長時間のパソコン仕事も苦にならず、夜の車の運転も全く問題ありません。
肩こりや頭痛からも解放されて、毎日が新鮮な気持ちで仕事に臨めるようになりました。

毎日の通勤も楽しくて自然に気持ちと表情が明るくなったせいか、部下たちも積極的に相談に来るようになりコミュニケーションも増えました。
そのおかげで部の業績も大きくアップして、前期の実績から1.7倍に伸びました。

これもすべて「めなり」のおかげです。
いえ、妻の助け(愛)があったからこそですね。

めなりの詳細はこちら>>